無線LANの機器

NURO光とは何、NURO光の申し込み先

もっと快適なインターネット環境へ

「無線LANの機器」NURO光のネット回線について評価や口コミ

NURO光の詳しい解説ページはこちらです。

無線LANの機器

無線LANを始めようとしても、その機器がたくさんあるために、どれが良いのか中々わかりませんね。

 

無線LANには色々な方式がありますが、中それでも、最も普及しているのが、IEEE 802.11というシリーズでしょう。

 

最近、よく耳にいたします「Wi-Fi(ワイファイ)」と呼ばれるものがありますが、このWi-FiはIEEE 802.11機器に関する業界団体の「Wi-Fi Alliance(ワイファイアライアンス)」によって、無線LAN機器間における相互接続性を認証されたことを示す名称、ないしは品名のことなのです。

 

これは、また機会を設けて特にご説明することにいたしましょう。

 

話をもとに戻しまして、無線LANの機器の中それでは、IEEE 802.11というシリーズが最も普及しているのですが、断じてこれでなくては駄目ということではありません。

 

機器を選ぶときに論点が、いくつかあると思います。

 

例えば、「規格の種類」ですね。

 

主な規格として、IEEE802.11n、IEEE802.11g、IEEE802.11g、IEEE802.11bなどがあります。

 

そうして、「無線子機の種類」も選ぶときのポイントとなるでしょう。

 

無線子機の種類というのは、無線USB子機であったり、無線LANカードであったり、そんなもののことです。

 

最近のパソコンでは、無線LANが内蔵されているものも多くなってきていますので、そんな場合には子機は必要ありません。

 

そうして、家庭内LANの場合に選ぶポイントとなって現れるのが、有害サイトブロック機能を持つかどうかということでしょう。

 

この機能は有料ですし、また、お子様の年齢にもよりますが、大人であってもウイルスや詐欺サイトからも守られますから、使用することをお勧めいたしますよ。

 

 

 

無線LANの規格(IEEE 802.11)

無線LANの機器は、無線局の免許が必要なものと、不必要なものとがあります。

 

前回、主な規格としてご紹介いたしました、IEEE 802.11は、免許が不要なものですので大きく普及しています。

 

1997年、IEEEで初めに規格統一された無線LAN規格がこれなのです。

 

読み方は、英語の場合、「I triple E eight O two dot eleven(アイ トリプル イー エイト オー ツー ドット イレブン)」と読み、日本では、「はちまるに てん いちいち」と叫ぶことが多いようです。

 

少し専門的なお話になりますが、IEEE 802.11は、主にもの理レイヤ規格とMACレイヤ規格から構成されています。

 

特徴といたしましては、ひとつのMACレイヤ規格で複数のもの理レイヤ規格をサポートしてくれます。

 

また、2.4GHz帯の無線だけではなく、赤外線のもの理レイヤもサポートする規格です。

 

具体的に言いますと、もの理レイヤとして、スペクトラム拡散のうち、直接拡散方式のものや周波数ホッピング方式のもの、赤外線方式のものの3種類が規定されています。

 

伝送速度は、もの理レイヤでの理論値1M、2Mbpsを実現しています。

 

MACレイヤにつきましては、CSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) 方式を通じているのが特徴でしょう。

 

CSMA/CA方式と言いますのは「Listen Before Talk」方式と申しまして、直訳いたしますと「話す前に聞け」という原理によるアクセス制御方式のことです。

 

わかりやすく言いなおせば、自身がパケット信号を送信しようと思った場合、特に、アンテナにより他の装置がパケット信号を出していないかどうかを、確かめてから送信する・・・という、非常に単純な機構を採用したアクセス制御方式なのです。

 

 

 

Wi-Fiについて

近ころ、非常によく耳にいたします「Wi-Fi(ワイファイ)」ですが、これにつきましては、以前にも軽く触れさせていただきました。

 

Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)により、無線LAN機器間における相互接続性を認証されたことを示す名称、または銘柄のことでしたね。

 

正確に申しますと違うのですが、無線LANのことをWi-Fiと叫ぶ場合も何かとあるようです。

 

因みにワイファイ アライアンスと言いますのは、アメリカ合衆国に本拠を据え置く業界団体のことを言います。

 

本日は、このWi-Fiに関しましてもう少し、わかり易いご説明をしたいと思います。

 

前回、お話いたしました通信規格の「IEEE 802.11」ですが、これによる無線機器間の相互接続性などにつきまして、Wi-Fi Allianceによって認定された機器には、Wi-Fiのロゴの使用が許可されることになっています。

 

近年まずは、当初より予定されていましたモバイルコンピューティング機器(タブレットやネットブックなど)のLAN(ローカルエリアネットワーク)だけではなく、PSPですとか、ニンテンドーDSといった携帯ゲーム機や、PASSAGE DUPLEなどのVoIP搭載携帯電話、デジタルカメラ、音楽プレーヤーなどの家電製品にも搭載されるようになりました。

 

ますます、無事を向上させるための高度道路交通システムや、モバイル通信、統計情報の収集等をサポートするために、高速道路内において、自動車がWi-Fiを利用できるようにするための最新標準規格を開発中だということです。

 

Wi-Fiの利用につきましては、「公衆無線LANとは」の記事でご紹介いたしましたように、空港や駅、ホテル、ファストフード店などで可能となっています。

 

そうして、そんな場所の事を、無線LANスポット、ホットスポットなどと呼んでいます。

 

 

 

公衆無線LANで使用できる機器

前回のWi-Fiの記事の中けれども触れましたが、近年、無線LANに繋げるものというのが、パソコンだけとは限らなくなってきました。

 

ひと昔前まででしたら、無線LANと言いますと明らかにパソコン用語でしたし、無線LANと聞きますとすぐにパソコンと結びつけるのが普通であったと思います。

 

公衆無線LANが設備されてきた最近になって、何とか無線LANはパソコンだけのものではないという認識が広まりつつあります。

 

でも依然として多くのかたがたにとっては、無線LAN=パソコンという図式になっているかもしれません。

 

時代は、猛スピードで進んでいますから、その辺の図式もどっさり変えてゆく必要があります。

 

現在、公衆無線LANを使用出来る機器は、パソコンの他にもPDAですとか、最近流行りのスマホなどもそうですね。

 

このくらいならいまだに当たり前のような感じがしますが、ますます進んでデジタルカメラも無線LANに繋げることが可能です。

 

今、撮影したばかりの写真をもちまして、WEBのアルバムに送ったり、デジタルフォトフレームに送ったりして、喜べるようになったのです。

 

こうしたことが可能になると、海外旅行先の写真も、すぐに日本の家族や友人たちのところへ届き、滅多にリアルタイムで見ることが出来ますよね。

 

また、PSPやニンテンドーDSという携帯ゲーム機も無線LANに繋いで楽しむことが出来るようになりました。

 

ゲーム機の場合には、無線LANを使用することで、どこにいてもオンライン上の誰かとの対戦ゲームを楽しむことが出来るのです。

 

また、携帯音楽プレーヤーも無線LANに繋ぐことが出来るようになっていますから、更に外も退屈することなどあり得ませんね。

 

 

 

無線LANのルーターについて

無線LANを行おうと思ったまま欠かせないものとして「ルーター」がありますが、無線LAN自体を細かくご存じ弱いかたにとりましては、このルーターも、よくわからないものだと思います。

 

本日は、ルーターについて、まだまだお話させてください。

 

結構簡単に結論から申しますと、ルーターというのは、いわゆるアクセスポイントの役割を果たすものというとわかりやすいでしょうか。

 

複数台のコンピューターを持つ小ぢんまりとした内輪のネットワークから、外側のネットワークへと橋渡しする機器のことを言います。

 

つまり、家庭内や、自社のLANを、インターネットに繋げる装置なのです。

 

似たような装置として「無線アクセスポイント」という装置もあります。

 

これは、無線LANで接続したいというクライアントのために、無線LANと有線LANを相互変換していただける装置なのです。

 

アクセスポイントは、もっぱら相互変換だけを行ないますから、有線クライアントであっても、無線クライアントであってもおんなじ家庭内LANとして取り扱われることになります。

 

ルーターと、無線アクセスポイントの両方の役割を果たしてくれるのが、無線LANルーターということになりますから、現在、ルーターなどを一台も携帯していないご家庭では、無線LANルーターが一台あるとベストではないでしょうか。

 

実際の店舗へ行きますと、無線アクセスポイントよりも無線LANルーターのほうが、品ぞろえも良いですし、価格も安く設定されています。

 

ですので、無線アクセスポイントの方がより良い装置だと勘違いするかたもいらっしゃるようですが、そういうわけではありません。

 

無線LANルーターのほうが便利で売れ行きが良いため、価格も安く設定出来るのだと思われます。

NURO光が関西と中部圏にエリア拡大


関東地方限定だったNURO光が、2018年1月より関西と中部圏にエリア拡大。


申し込みは2017年11月20日より開始されています。実際の工事は2018年1月からになります。


提供エリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


こちらでNURO光の提供エリアの確認ができます。




関東圏も今までの地域でNURO光は提供中です。


東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城です(一部エリアを除く)。


世界最速インターネットNURO 光

NURO光の申し込み先はこちらです。


NURO光とは何、NURO光の申し込み先

もっと快適なインターネット環境へ


インターネット契約回線申し込みならNURO光が、高速通信で安いんです。NURO光の申し込み画面は、こんな申し込み画面です。


2月、3月の新入学、就職、転職で新生活キャンペーンの時期は、NURO光の工事も込み合います。


キャンペーン比較をしてみると、多くの販売代理店はキャッシュバックが5万円とか7万円とかと宣伝していても、実際には、スマホ回線を同時に契約するとかいろいろな有料オプションを契約してはじめてキャッシュバックの条件を満たす所が多いですね。


こちらはNURO光を運営しているSo-net本家の公式申し込みサイトです。ここは単純にNURO光回線を契約するだけでキャッシュバックがあります。


NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!



NURO光の詳しい解説は、こちらの記事もどうぞ。