ケーブルテレビを選ぶにあたって

NURO光とは何、NURO光の申し込み先

もっと快適なインターネット環境へ

「ケーブルテレビを選ぶにあたって」NURO光のネット回線について評価や口コミ

NURO光の詳しい解説ページはこちらです。

ケーブルテレビを選ぶにあたって

ケーブルテレビは手軽で便利なのですが、ただし意外に料金が高くなるケースもあります。

 

ケーブルテレビを選ぶにあたって結局どのように考えればいいのかポイントをみていきます。

 

 

ケーブルテレビ局ではテレビとインターネットやIP電話などをまとめて加入できるようにしているケースが増えています。

 

この場合まとめて加入できるので手続きが簡単なことと料金支払いが一体化できるというメリットがあります。

 

但し費用がそんなに安くなるわけではなく、割高に陥ることもあります。

 

各家庭で自分たちの環境や目的によって検討してください。

 

 

方式をトランスモジュレーションにする場合は、テレビ側にチューナーが内蔵されていなくても使えるため昔からあるブラウン管のテレビもデジタル放送を視ることができます。

 

但し基本的にはテレビや録画機器1台につきSTBが1台必要となりますからその分の料金が必要となります。

 

テレビや録画機器がたくさんある家庭では注意が必要です。

 

そうしてトランスモジュレーションを通じて録画するときはSTBで外部入力を通じて録画しなければならないので接続方法や予約の仕方が相当複雑です。

 

中けれども録画機で2番組を同時録画したくてもできないといったように便利な機能も使えないことがあるので注意してください。

 

ケーブルテレビによっては、録画機能が付いたSTBを持っているところもあります。

 

このようにTVをよく録画する人にとっては難点も多いので、事前に確認した方がいいと思います。

 

 

ケーブルテレビを選ぶ、アンテナ、室内BS

 

ケーブルテレビの地上デジタル、パススルー方式は便利だと思います。

 

リビングに1台のSTBを設置しておけば、ケーブルテレビならではの多彩な番組を楽しむことができたり、BSやCSチャンネルも楽しむことができたりします。

 

あとは寝室や子供部屋などに地上デジタルの対応テレビを設置すればSTBをそれぞれの部屋に設置しなくても地上デジタル放送を視ることができます。

 

しかしBSパススルーは視聴出来るかどうかケーブルテレビによって対応が違うため事前に確認が必要です。

 

 

また従来のように家に戸別にアンテナを設置した場合、設置工事費用などで初期費用は高くなりますがテレビや録画機器が何台その家にあっても月々の支払い料金は変わらないので便利です。

 

複数台テレビや録画機器がある人はこちらの方がお得になるケースも多々あります。

 

また地上デジタルやBSデジタルやCSデジタルのチューナーを内蔵しているテレビや録画機器を使うならば、機器選択が自由に出来ることや料金を気にしなくてもいいことなどを考えるとアンテナにした方がお得だと思います。

 

 

しかし本来からある目的のように電波が届きがたい地域では文句無くケーブルテレビの力を借りた方がいいと思います。

 

因みに地上デジタル放送は、室内アンテナでも視ることが出来るケースがあります。

 

電波塔の近くに家がある人や、見晴らしのいい場所に家がある人の場合、屋外アンテナを設置しなくても室内アンテナだけで十分電波受信が出来ることがあります。

 

この場合、室内アンテナも常に安定した映像を視ることが出来るかもしれません。

 

室内アンテナが助かるならば、屋外からケーブルを引き込む必要もないので、ケーブルの延長工事なども不要になります。

 

手軽にデジタルテレビを視ることが出来るわけです。

 

電話

 

ケーブルテレビが向き合う電話は「直加入電話」です。

 

直加入電話はNTTなどが提供している固定電話のことで、ケーブルテレビが提供している電話のことを「CATV電話」とも呼んでいます。

 

2010年3月からNTTからケーブルテレビなど他社の電話に移行する際にも番号ポータビリティを利用することが可能となり便利になりました。

 

各会社が他の通信サービスなどとセットとして割引料金を設定したりしています。

 

しかしながら工事費や基本料、通話料や割引条件などが各業者で同一条件ではないため低いか良いか比較がしにくい状況です。

 

 

ケーブルテレビの業者まずはほとんどがインターネットと複合したIP電話方式をとっています。

 

IP電話は電話番号が割り当てられていますが、番号は「050」で始まるものと一般の固定電話のように「0**」で始まるもの2種類があります。

 

これはケーブルテレビの回線を通じて交換機に接続したものです。

 

一部のケーブルテレビ局ではKDDIのケーブルプラス電話を通じています。

 

またジュピターテレコムの傘下にあるケーブルテレビ局では一部VoIPではなくアナログ回線で回線交換していることもあります。

 

ジュピターテレコムの傘下ではウィルコムとの提携によってPHSサービスを通じているところもあります。

 

 

家の固定電話をNTTからケーブルテレビに移行しようとする場合、NTTを休止状態にしてから移行するのか解除してから移行するのかによっても手続きが変わってきます。

 

休止状態にして行なう場合、手続きはケーブルテレビ局が代行して貰えるが解除の場合は本人で手続きをしなければなりません。

 

どんどん工事費用もかかりますから、簡単なことではありません。

 

事前に損か得かきちんと検討して見極めてから頼むようにしてください。

NURO光が関西と中部圏にエリア拡大


関東地方限定だったNURO光が、2018年1月より関西と中部圏にエリア拡大。


申し込みは2017年11月20日より開始されています。実際の工事は2018年1月からになります。


提供エリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


こちらでNURO光の提供エリアの確認ができます。




関東圏も今までの地域でNURO光は提供中です。


東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城です(一部エリアを除く)。


世界最速インターネットNURO 光

NURO光の申し込み先はこちらです。


NURO光とは何、NURO光の申し込み先

もっと快適なインターネット環境へ


インターネット契約回線申し込みならNURO光が、高速通信で安いんです。NURO光の申し込み画面は、こんな申し込み画面です。


2月、3月の新入学、就職、転職で新生活キャンペーンの時期は、NURO光の工事も込み合います。


キャンペーン比較をしてみると、多くの販売代理店はキャッシュバックが5万円とか7万円とかと宣伝していても、実際には、スマホ回線を同時に契約するとかいろいろな有料オプションを契約してはじめてキャッシュバックの条件を満たす所が多いですね。


こちらはNURO光を運営しているSo-net本家の公式申し込みサイトです。ここは単純にNURO光回線を契約するだけでキャッシュバックがあります。


NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!



NURO光の詳しい解説は、こちらの記事もどうぞ。